商品検索

▼商品カテゴリから選ぶ

▼商品名を入力

カートを見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら

お客様ページ

特定商取引法の表記

河内晩柑(美生柑) 家庭用 10kg
当店で毎年大人気のみかん「河内晩柑」
ほどよい大きさで人気の「小〜中玉サイズ」です。

まだまだ出始めなので本来の味ではないですが、糖度も酸味もあり、あふれんばかりの果汁で濃い味が楽しめます。
その分、実はやや取りにくいので、そのまま食べるだけでなく、ジュースにするのもおすすめです。

期間限定でお試し価格でのご案内ですので、お見逃しなく!



愛媛県内では、美生柑(みしょうかん)、宇和ゴールドの名前で知られ、生産量日本一を誇る河内晩柑。熊本県河内町で発見された、「文旦」の血を引く偶然生まれた品種です。
その外観や果汁たっぷりの特徴から、和製グレープフルーツやジューシーオレンジともいわれておりますが、苦みはなく、ほんのり甘い爽やかな味わいが人気です。

長期間樹になっていることもあり、見た目は悪いものが多いですが、味は外皮のきれいなものとほとんど変わらず、ジューシーでお得です。
ご了承の上ご注文下さいませ。


<河内晩柑のお召し上がり方>


外皮をナイフなどでむき、一房ごとに内皮をむいてお召し上がり下さい。
果汁の多い時には、半分に切ってスプーンでも召し上がれます。

暑い季節でも甘すぎずさっぱりとして食べやすいので、お子様からお年寄りまで好まれ、冷蔵庫で冷やしてからいただくと、また違った美味しさが楽しめます。
また、果汁を絞ってお酒や焼酎に入れたり、発ガン抑制成分が豊富な皮を使って、ママレードやピールにするのもおすすめです。





〈味の変化する不思議なみかん)


「河内晩柑」は、5月の開花から冬を越え、長いものでは16ヶ月もの間、木に実らせたまま収穫できる珍しい柑橘で、季節の変化とともに徐々に味も変化していきます。

●春(3〜4月)
糖度も酸味も強く、あふれんばかりの果汁で濃い味が楽しめます。
●初夏(5〜6月)
徐々に糖度も酸味も抑えられますが、食味はどんどんおいしく感じられるようになります。
●盛夏(7〜8月)
実がプリッと引き締まり、暑い夏にぴったりのあっさりした食べやすい食味になっていきます。

その時期その時期の「河内晩柑」の美味しさを、是非お楽しみ下さい。

型番
4-7
定価
2,000円(税込)
販売価格

1,800円(税込)

購入数